コラーゲンでほうれい線を薄くする

コスメや美容整形でのほうれい線の改善方法を説明

コラーゲン配合コスメでほうれい線予防

ほうれい線が薄くあるだけで確実に老けて見られます。ほうれい線は肌の乾燥や真皮層に存在するコラーゲンの減少によって発生します。ほうれい線を予防改善するためにもコラーゲンを肌に補給することは大切なことと言えます。ほうれい線を改善するには肌の弾力を取り戻すことが必要ですが、コラーゲンが配合された化粧品をただ顔に塗るだけではその効果を十分に得ることはできません。

ここで非常に重要となるのが肌への浸透力なのです。コラーゲンは本来高分子であるため肌に塗っても表皮の保湿を行うだけで真皮層までは浸透しません。しかし、近年の研究により開発された平均分子量が460から950の低分子化されたコラーゲンペプチドなら皮下組織へ到達させることができるのです。

真皮層まで浸透したコラーゲンペプチドは繊維芽細胞に作用してコラーゲンの生成を促したり、コラーゲン繊維の結合を強くしたりします。それにより皮膚のハリや弾力が回復してほうれい線が薄くなって目立たなくなります。通常コラーゲン配合の化粧品の成分表示には「水溶性コラーゲン」もしくは「加水分解コラーゲン」と表示されていることが多いようです。

コラーゲンは元々水溶性であるため「水溶性コラーゲン」と表示されているものは本来の高分子コラーゲンでると考えられます。一方「加水分解コラーゲン」と表示されているものは低分子にまで分解されたコラーゲンペプチドのことになります。ほうれい線を改善するには「加水分解コラーゲン」と表示された化粧品を選ぶようにしてくださいね。

早く法令線を消したいならコラーゲン注入

ほうれい線をなくすにはコラーゲンが配合された化粧品を使ったり、コラーゲンが多く含まれる食材を摂取したりする方法がありますが、どちらも即効性があるものではありません。とにかく早くほうれい線を消したいとお思いの方にはコラーゲンをほうれい線がある部分に直接注入してシワの部分をふっくらさせるという方法があります。

コラーゲンの注入は美容外科で行われる美容整形の部類に入ります。美容整形と言ってもメスを一切使わず、注射によって直接コラーゲンを注入する方法なので傷も残らず、ダウンタイムもありません。

注入に使用されるコラーゲンは牛の皮から採取されたものが多いのですが、このコラーゲンは不均一なタンパク質であるため異物として認識されることがほとんどありません。しかし、ごく稀に免疫反応が起こってアレルギーを起こす方もおられるようです。そのためウシコラーゲンを注入する前にはアレルギー反応検査を受けなければなりません。ただし、ヒトコラーゲンを使用する場合はアレルギー反応検査の必要はありません。

施術は極細の注射針を使って行われるので大きな痛みはありません。ちょっとチクッとする感じです。施術時間も15分ほどで終わります。施術後はすぐにメイクもできます。注入完了した瞬間からほうれい線は消えてしまいます。しかし、コラーゲンは体内で徐々に吸収されていくため効果は3カ月から半年ほどになります。