コラーゲンの減少がほうれい線の原因の一つ

コラーゲンはいつ頃から減少し始めるのか、減少による影響を説明

コラーゲンの減少は20代から始まる

小鼻から口角にかけてできるほうれい線で悩んでいるのは年配の方だけではありません。ほうれい線は目立つと確実に老けて見えるので10代や20代の若い女性でも悩んでおられる方は少なくないのです。

10代でほうれい線の悩みがある方の多くは肌の乾燥によるものです。表皮が極度に乾燥するとひび割れのような状態になります。口元はどうしてもよく動かす部位なので皮膚のひび割れが酷くなって残ってしまうのです。10代のほうれい線対策には保湿が一番です。保湿成分の配合されたローションでたっぷり水分を補うようにしてください。ローションを塗った後は必ず乳液を塗って補った水分が蒸発しないようにしましょう。

20代のほうれい線は肌の老化の始まりと言えます。肌の弾力とハリを保っているのは真皮層に存在するコラーゲンの量です。コラーゲンは20歳前後をピークとして後は減少の一途をたどりますので、20代から積極的にコラーゲンを摂取することが有効。また、20代は海などアウトドアも盛んに行う世代でもあります。ここで紫外線対策を疎かにしてしまうとコラーゲン細胞がダメージを受けてほうれい線はどんどん深くなっていきます。保湿と紫外線対策をしっかり行うのが20代のほうれい線ケアと言えます。

30代のほうれい線の原因は老化による肌のたるみです。これは真皮層のコラーゲンの減少と表情筋の衰えによるものと考えられます。

40代以降のほうれい線は加齢によるものなので仕方のないものと言えますが、日々のケアをしっかり行っている人とそうでない人の差が大きく現れる年代でもありますので、日頃の肌ケアを再度見直してみましょう。

肌のコラーゲンが不足すると美容・健康にこんな悪影響が

コラーゲンは細胞と細胞を結合させる重要な働きを持っています。体内のコラーゲン量が減少してしまうと、細胞を結合させる力が弱まって肌のハリや弾力が失われてしまいます。このためたるみが発生してほうれい線が目立ちやすくなります。しかし、コラーゲンの減少がもたらす問題はこれだけではありません。血管や骨の老化にも大きく関わってくるのです。

コラーゲンは傷ついた血管を修復して、血管の柔軟性を保つ役割があります。コラーゲンが不足すると傷ついた血管の修復が上手くいかずコレステロールが付着しやすくなります。コレステロールがどんどん付着すると血管は固くなって動脈硬化や脳梗塞を起こしやすくなってしまいます。

また、骨はコラーゲン繊維にカルシウムが付着してできたもののため、コラーゲンが不足するとコラーゲン繊維は硬化して密度が低下してカルシウムとの結合がもろくなります。このため骨がスポンジのような状態になる骨粗しょう症を起こしてしまうのです。

このように体内のコラーゲンが不足すると外見の老化を進行させるだけでなく、体内的にもあらゆる器官がダメージを負うことになります。外見の老化も女性にとっては深刻な悩みとなりますが、体内のダメージは外見の問題よりもさらに深刻となり得ます。また、顔は内蔵の状態を表すとも言われるように、体内に蓄積されたダメージはそのまま顔へ反映されてしまいます。

加齢によりコラーゲンの生成量が減少するのは仕方の無いことです。しかし、外見的にも体内的にもダメージを最小限に抑えるためにもコラーゲンの補給を真剣に考える必要があります。