ほうれい線の予防

ほうれい線に効果があるケア方法を紹介

ほうれい線ケアの基本は予防

ほうれい線ができる原因としては、顔の表情筋の筋力の低下が挙げられます。

加齢によって筋力はどんどん衰えていきますが、体の他の部分の筋肉と同様に、顔の筋肉も鍛えることが可能です。最近では、顔のリフトアップ効果がある体操などもあり、意識して顔の筋肉を使うことで筋力を取り戻し、表情豊かな若々しい顔を作ることが期待できます。また、日常生活の中でも感情を表情に表すことを意識するだけでほうれい線の予防に繋がります。表情筋を鍛えるのと同時に行っておきたいのが、肌への刺激を避けることです。

外部から刺激を受けると肌はダメージを受けて傷つき、それがほうれい線の原因となってしまいます。そのため、洗顔や顔を拭くときにゴシゴシ擦ったり、紫外線対策を怠ったり、メイクを落とさずに寝てしまうようなことは極力避けるべきです。少しの負担でも継続すればダメージが蓄積されていき、最終的には大きな負担となって肌トラブルとして現れてしまいます。

ほうれい線を防ぐためには、こうした日々の努力と注意が欠かせません。しかし、できてしまったほうれい線を解消することに比べたら、ほうれい線を予防したり進行を防ぐことの方がはるかに簡単ですから、積極的に予防に取り組むことをおすすめします。

ほうれい線の効果的ケア

小鼻から口に伸びるほうれい線は、外見年齢を大きく左右してしまうものです。このほうれい線のシワが深いほどに老けた印象を与えてしまいますが、最近では加齢以外にもストレスや乾燥、紫外線などが原因で20代でもほうれい線が現れてしまう人もいます。たった2本の線ですが、外見に与える影響が大きいほうれい線を解消して、若々しい見た目をキープしましょう。

ほうれい線にも段階があり、深いシワのようになってしまった場合には解消にも時間がかかりますが、薄いスジ状程度であれば、比較的難しくはないでしょう。つまり、ほうれい線を消したいというのであれば、なるべく早い段階で手を打つべきなのです。

ほうれい線を解消する方法としては、加齢によって失われてきた肌のうるおいを化粧品などで補う方法や、マッサージや顔の表情筋を鍛える運動でリフトアップする方法が効果的だと言われています。他にも、エステサロンや美容外科などで専門的なケアを受けることもできますが、どちらもお金が多くかかるため、まずはなるべくお金をかけないセルフケアから始めてみてはいかがでしょうか。

セルフマッサージや顔の運動は自分でも手軽に行えてお金もかからないため、取り組んでいる人も多いようです。できればそれに加えて、ほうれい線の解消に効果的な美容液やクリームをプラスしてみましょう。少々お金はかかるかもしれませんが、両方を同時に行うことで効果はさらに高まるでしょう。

肌トラブルを回避するためには、予防と早い段階から始めるケアが重要となります。若々しい肌を保つためにも、トラブルの兆候が見え始めたらできるだけ早いうちにケアを始めて悩みを解消しましょう。