ほうれい線の原因(表情筋・生活習慣)

表情筋・生活習慣の影響から考えるほうれい線の原因

表情筋の衰え、肌のハリが失われ、たるみ、ほうれい線の原因に

ほうれい線が現れる大きな原因として挙げられているのが、顔の筋肉である表情筋の衰えです。表情筋とは顔にある30種類以上の筋肉を指すもので、これらの筋肉が互いに作用して複雑な表情を作り出しています。また、顔の筋肉は骨だけでなく皮膚とも繋がっているため、表情筋が肌のハリを支えているとも言って良いでしょう。

表情筋の筋力が低下すると、顔全体を支えていた筋肉が下がるため、ほうれい線ができやすい状態となります。逆に言えば、表情筋を鍛えて筋力を上げてやることで、ほうれい線ができにくくなるのです。

表情筋を鍛える方法としては、顔の筋肉を動かすことが有効です。マッサージや顔の運動を行うことで筋肉に刺激を与えられますが、もっと日常的な動作の中でも顔の筋肉は鍛えられるのです。それは、顔の表情を豊かにすることです。

表情筋は顔の表情を作り出すために使用される筋肉ですから、表情が豊かであればそれだけ表情筋を使用しているということになります。中には笑ったときに目元や口元にできる「笑いジワ」を避けるために表情を抑えるという人もいますが、それでは表情筋の衰えを促す結果になるだけです。また、表情が豊かな人は明るい性格に見えますが、それは若々しさとも無関係ではありません。表情の豊かさは溌剌とした印象を与え、それが若々しさを感じさせるのです。

表情筋を鍛えるには、喜怒哀楽をはっきりと表す表情を作るのが効果的です。鏡を見ながら笑った顔、怒った顔などを作り、練習してみてはいかがでしょうか。その際、表情に合わせてどの部分の筋肉が動くのかチェックすることで、より効率的に表情筋を鍛えることができるでしょう。

たるみ・生活習慣・顔の骨格

小鼻から口元に伸びるほうれい線は、顔の印象を大幅に変えてしまうものです。そのため、ほうれい線ができるとこれを解消しようと焦る人も少なくありません。しかし、ほうれい線ができる原因を知り、予防に努めていれば将来悩むことも無くなるでしょう。ほうれい線ができる原因の1つが、肌のたるみです。

肌のたるみは加齢によるものであるため、誰もが経験することですが、顔の筋肉を鍛えたり肌にハリを持たせる美容成分を取り入れることで、ほうれい線だけでなくシワの予防にも繋がります。また、生活習慣もほうれい線を作る原因となります。

肌に負担をかける睡眠不足や暴飲暴食、運動不足などもそうですが、喫煙の習慣があると肌のハリを保つビタミンCが破壊されるため、肌が老化しやすくなります。肌は毎日の生活の中で作られていくものですから、健康を損なう悪い生活習慣を改善し、若々しい肌を保ちましょう。他にもほうれい線ができやすい原因として、骨格が挙げられています。

もしも骨格が親と似ている場合、親にほうれい線が現れていれば自分もほうれい線ができやすい骨格だと考えて良いでしょう。しかし、ほうれい線の予防のために骨格まで変えるというのはあまり現実的ではありませんから、ほうれい線ができやすいということを意識して、様々な予防策をとっておくことが大切です。

ほうれい線を予防するためには早めの対策が有効ですが、既にできてしまった場合でも、適切なケアを行うことで目立たなくさせることが可能です。自分の肌の状態をこまめにチェックして、ほうれい線が現れ始めたらすぐにケアを行っていきましょう。