ほうれい線の原因(紫外線・たるみ)

紫外線・たるみの影響から考えるほうれい線の原因

紫外線をしっかり対策しなければ、ほうれい線がデキるのも当然

紫外線が肌に与えるダメージは大きく、さらにそのダメージが蓄積されると様々な肌トラブルの原因となります。ほうれい線も紫外線が原因の1つとして挙げられていますから、正しい紫外線対策を行うことでほうれい線の改善と予防効果が期待できるのです。

紫外線には、体内のコラーゲンを破壊する作用があります。コラーゲンは肌にハリとうるおいを与えるために欠かせないものですから、何の対策も取らずに紫外線を浴び続けることはコラーゲン不足の原因となってしまいます。また、紫外線は肌も乾燥させてしまいますが、加齢によって低下した水分量をさらに損なうことは肌の乾燥を加速させるだけです。

このように、紫外線はほうれい線を作り、悪化させる大きな原因です。これを避けるためには、毎日の紫外線対策を欠かすことはできません。まずは、1年を通して紫外線を肌からカットする習慣をつけましょう。日差しの強い夏場は自然と紫外線対策を意識するものですが、日照時間が少なく日差しも弱い冬場には紫外線対策を忘れがちです。ここで覚えておきたいのが、紫外線とは1年中降り注いでいるものだということです。

紫外線の強さは違っても、それを浴び続けると肌には悪影響となってしまいます。そのため、冬にも日焼け止めをつけるなどしっかりとした対策を取ることが重要です。また、特に紫外線の多い夏には、窓から差し込む紫外線にも注意が必要です。室内や車内であっても窓から紫外線は侵入してきますから、紫外線をカットするシートなどを貼って防ぎましょう。

肌のたるみ放っておくと悪化し、深いほうれい線へ

歳を重ねるにつれ、肌のたるみが現れてくるものですが、肌のたるみはほうれい線の症状を加速させてしまう場合があります。たるんだ肌はシワになりやすいため、ほうれい線を濃くしてしまうだけでなく、他の部分にもシワを作る可能性があるため、肌をたるませないようケアしていくことが望ましいのです。

加齢によるたるみを防ぐことは難しいものですが、それ以外にも肌をたるませる原因があります。まず挙げられるのは、表情筋の衰えによるものです。表情筋も加齢によって筋力が低下してしまいますが、常日頃から表情を豊かにしているだけでそれを抑えることができるのです。例えば、感情に合わせて表情を作ることは表情筋への刺激となります。また、マッサージや顔の体操を行うことも効果的です。

逆に、普段ボーッとした顔をしていることが多い人や、口角を下げたヘの字口になりやすい人などは、肌がたるみやすく、ほうれい線もできやすくなってしまいます。そうした無表情はほうれい線の原因となるだけでなく、暗いイメージを人に与え、老けて見せてしまうことにもなるのです。

また、肌にダメージを与える動作も皮膚をたるませる原因です。例えば、無意識のうちに頬杖をついている場合、その部分だけに力が加わるため、ダメージが蓄積されていきます。意外に思われるかもしれませんが、そうした無意識の癖も肌をたるませる原因となるため、意識して直していくことがほうれい線の予防にも繋がります。

肌のたるみによるほうれい線は、日常生活の中の動作を少し改善するだけでも予防できるものです。できればほうれい線が目立ち始める前に、対策をとっておくことをおすすめします。