ほうれい線を改善しよう

ほうれい線改善を体験談としてご紹介

参考になるかも!?私がほうれい線を消した方法

あまりもったいぶるのも好きじゃないので、私がほうれい線を解消した方法をお教えしますね。それはズバリ、「フェイササイズ」と「コラーゲン」です。

そもそも私のお肌は、私が高校生になった頃あたりから「肌のたるみ」が目立つようになってきました。なんだか締りがないというのか、いつも芸能人やタレントのようなシャープなフェイスラインに憧れていたのを覚えています。もちろんその頃から、どうにかしたいと思っていましたが、当時はまだ美顔ローラーなんて美容アイテムも今ほどメジャーじゃありませんでしたし、顔のたるみに有効な対策方法も見つからなかったから結局ほったらかしのままでした。

コンパで私ひとり30代に見られショックを受けた時、その後すぐ追い打ちをかけるように姪っ子に「オバちゃん」と呼ばれた時も私は後悔しました。あの時もう少し粘ってなにかしら対策しておけば良かったな?、って。だって、私のほうれい線はこの「肌のたるみ」が原因だったことは明らかだったから。でも、原因が明白だったのは幸いでしたね。私の場合、肌のたるみにアプローチして行けばよいだけでしたから。ということで私は、「ほうれい線を消す=肌のたるみを治す」と考えてケアに取り組むことに決めたんです。

ちなみですが、ほうれい線以外に老けて見える原因は思いつかなかったです。今でこそコンサバ色が強くなったけど、当時はの強めギャル的なファションでしたし。それに学生時代は屋内の部活で、海に行くのも好きじゃなかったから、シミなんてひとつも目立たない美白でした。

話をもとに戻しますね(笑)この後、まず私が試したのは「フェイササイズ」でした。フェイササイズをしようと思ったのには二つ理由があって、ひとつは肌のたるみの抜本改善につながると思ったからです。そしてもうひとつの理由は、単純、お金がほとんどかからなかったから(汗)。本を買うだけでフェイササイズのやり方は学べましたからね(今ならYouTubeがあるから無料ですね)。

フェイササイズだけでは限界が

フェイササイズの効果のほどですが、これはかなり効果がありました。私がやったのはフェイササイズの本を読んだ時「これ絶対、肌のたるみに効果あるじゃん!」って思わず口に出しちゃった方法(そのやり方は後ほど紹介しますね)。そのフェイササイズを、毎日ほんのちょっと、個室に入った時やお化粧室で周りに誰もいない時などの細切れの時間にやっただけでしたが、だいたい2週間くらいで目に見える効果がでました。

自分でも顔に締まりがでて少し小顔になったと感じましたし、久々にあった友達からも「あれ?やせた??」なんて言われたりしたので、やっぱり効果はあったと思います。でも、フェイササイズだけじゃほうれい線は完全に消えなかったんです…。3ヶ月くらいかな、フェイササイズ一本で頑張ってケアしました。たるみと同時にほうれい線も目立たなくなってはきましたが、まだまだ私が目指す状態には遠くおよびませんでした。

これからどうケアしていこうか迷っていたところ、タイミング良く職場の先輩に教えてもらったのがあるメーカーのコラーゲンドリンク。その先輩は、職場の中でも一二を争う美人さんで、仕事もできるから皆が憧れている人。私ももちろん憧れてる女性で、そもそもお話できただけでも嬉しかったので、その日は家に帰るなりパソコンを立ちあげて即効で注文してました。

正直、一度試してそれをネタにまたお話できればって思ってたぐらいなんだけど、その効果にはビックリしました!寝る前に飲んだんですが、翌朝起きたら顔がプリップリでほうれい線も「1日でこんなに?!?」って驚くほど薄くなったんです。

こんな具合でコラーゲンの良さに気づいた私は、その後もフェイササイズと合わせてコラーゲンを続けていきました。そして、さらに続けること3ヶ月くらいだったかな…。遂にほうれい線がほとんど目立たないレベルに?と、駆け足になりましたけど、私がほうれい線を解消した道のりはこんな感じでした。

ほうれい線でお悩みの方へ。リフトアップメニューも豊富な新宿美容外科クリニック新宿院/立川院/メンズ新宿院